Blog&column
ブログ・コラム

庭のエクステリア選びのポイントとは

query_builder 2021/06/22
コラム
garden-path-pea-gravel-sand-lawn-flowers-horticulture

家を建てる際や、リフォームを考える中で、屋根エクステリアを悩むことも多いです。
今回は、屋根の種類と選ぶポイントについてまとめてみました。

屋根の種類


瓦には、和瓦・洋瓦があります。
粘土系の屋根の代表と言えます。昔から日本家屋の主流屋根です。
(メリット)
・遮音性
・断熱性
・耐熱性
素材が強い分、耐久性が高いのがメリットと言えます。
(デメリット)
・重さ
・デザイン性
素材自体の重さのため、地震などの揺れに弱いデメリットが挙げられます。
また、工事自体もがっつりしたものになり費用も大きくなります。
デザイン性にも洋風な家屋が増えている現在若い年代には選ばれずらいです。

スレート系
現代家屋の主流の屋根材といれば、スレートですよね。
(メリット)
・バリエーションの豊富さ
・コスパがいい
・耐震性
様々なメーカーで取り扱いがあり、種類やカラーバリエーションが豊富なので選ぶのも楽しいです。
また、素材が軽いので耐震性も◎。地震の多い地域では選ばれがちです。
(デメリット)
・定期的なメンテナンスが必要
・コケやカビの心配
定期的にメンテナンスを行えば問題なく、安価なので使いやすいです。
耐久期間的には25年前後と言われています。

金属屋根
金属屋根と言うとピンときませんが、【トタン屋根】のことです。
(メリット)
・コスパがいい
・取付工事も安易
・雨漏りしずらい
(デメリット)
・断熱性が低い
・防音性が低い
・錆びやすい
倉庫などで活用しているお家も多いですが、家自体に活用している人も少なくない。
サビてしまったりすると、劣化を感じてしまうのでこまめなメンテナンス(塗り直し・張替え)が必要になります。

環境や費用、デザインのどこにポイントをおいて選ぶか先に決めておくことをおススメします。
また工務店といったプロに相談するのも賢い方法と言えます。
先々のメンテナンスのことも考えて屋根エクステリアを選びましょう。

NEW

  • 年末年始の営業のお知らせ

    query_builder 2020/12/26
  • トイレ収納の種類と特徴

    query_builder 2021/10/15
  • マンションでの水回りのリフォームについて

    query_builder 2021/10/01
  • 水回りのリフォームはセットプランで済ませよう

    query_builder 2021/09/15
  • 工務店で家を建てるメリット・デメリット

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE